古民家・トイレの汲み取り方!

    こんにちは。つまです。

    今回は、古民家を買った時、おそらくするであろうトイレの汲み取り方法をご紹介します。

    目次

    (スポンサーリンク)

    古民家は「汲み取り式」が多い!

    古民家は、下水道が来ていないことが多いため、タンクに貯めてそれを定期的に汲み取る「汲み取り式」トイレが多いです。実は、物件を購入してから「何か臭うな〜・・・」と思い、汲み取りタンクを見ると「ブツ」がまだ入っていたのですぐに来ていただきました。笑

    市町村が指定する業者があるので、そこにお願いしましょう。

    行政HPで業者をチェック

    例:飯田市HPより 指定業者や料金方法等が書いてありました。(2020/11/27現在)

    ググると市のHPに書いてあります。電話して、日程を調整して来てもらいました。割とサクサク進みましたよ。
    (自治体によっては前もって券を買いに行く必要もあるかも・・・)

    ちなみに、タンクは1つなのですが汲み取り数量の単位が「本」で数えるようです。ちなみにうちは28本分でした。

    Youtube 里山のシイナ#21より 

    金額は5〜6,000円ほど(最終清掃を含む)

    ゆくゆく、水洗式トイレにする予定なのでタンクは取り外します。ので、最終清掃も合わせてしていただきました。お支払いはその場で。(金額は業者さんによって変動します。)

    しいな

    思ったより簡単でよかった。

    こぼれ話

    Youtube 里山のシイナ#21より 行き来する業者さん

    Youtubeをご覧の通り、うちはタンクに火バサミとかとかゴミが入っていてホースに詰まってしまい、業者さんが何度も行ったり来たりして大変そうでした。(詰まるたびレバーを操作しなければならない)
    くれぐれもタンクに他のものを入れないようにしましょう。

    あ、入れないか笑

    それでわ。また。

    (スポンサーリンク)

    この記事が気に入ったら
    いいね または フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる